探偵学校で学ぶ内容とは

探偵学校では探偵になるために必要な基本技術を学んでいきます。
色々な学校がありますが、学ぶ内容はとても似ているものが多いです。
まずは探偵という仕事がどういうものであるかを学びます。
探偵に関連する法律なども学びます。刑法や民法など探偵が関連する法律はしっかり覚えなければなりません。
ドラマの世界の探偵と実際の探偵は大きく違いがあります。
この違いについてもしっかり学んでいきます。これから探偵を目指す人には必須の内容になります。
そしてドラマでも良く見るシーンの1つ、尾行や張り込みについて学びます。
尾行の際にどんなことに注意しなければいけないのか、実際に尾行や張り込みをするので実践方法がしっかり学べます。
次に写真撮影になります。探偵に欠かせないのが証拠を集める事ですが、重要な証拠となる写真撮影の技術をしっかりと身につける必要があります。
探偵に依頼される事の多くに、人探しがあります。この技術も学んでいきます。
手がかりからどう探していくのかしっかり身につけます。
情報収集の方法なども勉強します。
そして最後に作成しなければいけないのが、報告書です。依頼を受けて業務を行った後に報告書で
報告をします。
探偵になるためには思っている以上の技術を身につけなければいけません。しっかり学べる探偵学校を選びましょう。